WordPressのツール「Press This」

「Press This」とは

WordPressの管理画面にログインし
[ダッシュボード]→[ツール]→[利用可能なツール]と開きます。

開くと図の様なページが表示されます。

この「Press This」と言うツールを使います。

このPressThis、簡単に言うと、
任意の記事から、掲載したい記事を抜粋して
簡易投稿画面から投稿可能と言う優れものなんです。

Press Thisの使い方

では使い方の解説です。

先ほど開いた画面の図のボタンを
ブックマークバーにドラッグ&ドロップで追加します。

次に、掲載したい記事を開きます。

 

記事の掲載したい部分をドラッグで選択し・・・

 

先ほど追加した[PressThis]ボタンをクリックします。

 

自身のブログにログインしていない場合は
ログインを促されますのでログインしてください。

 

別ウィンドウで図の様な簡易投稿画面が表示されます。

引用元もバッチリと追加してくれていますし
投稿ボタン一つでそのままサクっと投稿する事もできるので
いちいちコピーして・・・
管理画面を開き・・・
投稿から新規投稿画面を開き・・・
ペーストして編集して・・・
引用元を掲載して・・・
と言う、二度手間三度手間を省く事ができて非常に便利です。

WordPress 4.9 Press This 分離

ツールメニューにあるPress thisというブックマークレットが、4.9で削除されます。

従来から、このブックマークレットを使用している場合は、ブックマークレットをクリックすると、インストールボタンが表示されインストールできるようになります。

インストール後、古いブックマークレットをクリックすると
The WordPress bookmarklet was deprecated. Please delete it from your web browser.

と表示されるので、インストール後ツールから、ブックマークレットをセットしなおすといいようです。

新たに使う場合は、Press This — WordPress プラグインから、インストール可能です。

また wp-admin/press-this.php を開くと, 次のように表示され、プラグインをインストールするように促す:

ここでクリックして、プラグインをインストール、有効化すれば、 Press Thisが使えるようになる。

Setup TinyWebDB API

WordPressは人気のCMSであり、サーバセキュリティ、パフォーマンスチューニング、スケールアップ、クラウド対応など沢山ノウハウが蓄積された。WordPressに API機能を追加して、クライドとして利用する方法を試み。

App InventorはAndroidのApp作りに簡単な環境である。そのTinyWebDBコンポーネントは、TinyDBのWeb版といったものです。タグをつけてメッセージをサーバーに保存したり、サーバーにタグ名を送信してその値を受け取ったりすることができます。あらかじめTinyWebDBにあわせてサーバー側にプログラムを用意し、そこにアクセスする形で処理を用意しなければいけません。

WordPressは人気のCMSであり、サーバセキュリティ、パフォーマンスチューニング、スケールアップ、クラウド対応など沢山ノウハウが蓄積された。WordPressをWebコンテンツを作るに最適な環境。WordPressサイトは、App InventorのTinyWebDBサービスとして利用できるか?

答えはYes.

WordPress に TinyWebDB API

WordPressに API機能を追加して、クライドとして利用する方法を試み。

WP-TinyWebDB-APIは、両者の長所を連携し、WordPressをAppInventorのTinyWebDBサービスとして利用するためのAPIを、WordPressのプラグインとして提供したもの。

本章は、WP-TinyWebDB-APIのインストール、Postman を使ってAPIの動作確認, そして第9章のWebデータベースに応用する検証を行う。

WP-TinyWebDB-APIのインストール

公式サイトを利用する

  1. FTPツールでtinywebdb-api ディレクトリー全体を WordPress の pluginsフォルダーにコピーして下さい(/wp-content/plugins/).

  2. FTP the entire tinywebdb-api directory to your WordPress blog’s plugins folder (/wp-content/plugins/).

  3. 管理パネルの「Plugins」タブ上のpluginを有効化してください。

  4. Activate the plugin on the “Plugins” tab of the administration panel.

Postman を使ってAPIの動作確認

サイトをブラウザーで開くと、普通のWordPressのサイトに見える

http://tinywebdb.ai2.work/

追加したAPI機能をみる。(これをTinyWebDBのServiceURLにセットする)

http://tinywebdb.ai2.work/api

http://tinywebdb.ai2.work/api/getvalue/?tag=questionsChenLab

image

ブラウザから取得したデータは、少々見にくい。PostmanというChrome の拡張を使うと、便利。認証、パラメタ引き渡しもできる。

image

データの送信

http://tinywebdb.ai2.work/api/storeavalue/

Webデータベースのアプリで検証

第9章のアプリから、上記のAPIへアクセスして見た。

問題なく、問題が保存できる。

image

ブラウザーからも、保存したデータの確認できる。

image

 

WP- REST-API(v2) Setup

WP4.4 からの WordPress の oEmbed ブログカード埋め込み処理でも一部使われていましたが、wp4.7 からWordPressで REST API が広く有効化されたらしく、試してみる。

まず、プラグインで導入する必要ない、デフォルトで有効になっています。

エンドポイント

試しに、サイトのURLにwp-json/を足して、v1のエンドポイントへアクセスしてみると、たくさんの文字が出力される。

http://xie.mki.biz/wordpress/wp-json/

ここで、Chromeの拡張機能のPostmanを導入して、データを見る

postman

v1より大分長くなり、なんだろう。v2から、エンドポイント変わったね!

先人のブログを参照し、Postsだけ見るにと、出力だいぶ減り

http://xie.mki.biz/wordpress/wp-json/wp/v2/posts

Postmanからデータを見る

image

この画面はなぜかGetのした、Authorizationの表示が出って。認証すると、もっと機能が増える?

認証に関して

認証に関して、v1と変わらないみたい

このAPIにおいては、認証にはいくつかの選択肢があり、基本的に以下のように選びましょう。

  • そのサイトで有効化されたテーマやプラグインから利用するのであれば クッキー認証
  • デスクトップアプリ、ウェブアプリ、モバイルアプリなどのサイトの外からアクセスするクライアントから API を利用するのであれば OAuth 認証, アプリケーションパスワード または ベーシック認証

 

OAuth 認証は複雑なので、しかもv1.0 (OAuth 1.0a specification) の難しい方だ。まず開発段階ではベーシック認証が便利でしょう。

ベーシック認証とアプリケーションパスワードは、HTTP Basic Authentication (published as RFC2617) を利用しており、Basic Auth plugin または Application Passwords plugin のどちらかを有効化する必要があります。

ベーシック認証を使用するには、ユーザー名とパスワードをリクエストごとにAuthenticationヘッダーで送信するだけです。この値は認証のたびにBase64エンドコードでエンコードされるべきです。

TinyWebDB API 0.2.2 Release

TinyWebDB API 0.2.2 Released.

Release Note

Re-write code with oo-calss style. and change from full get_post object to post_content only.

WordPress Plugin

AppInventor TinyWebDB Demo App

Change Log

0.1.0

Start TinyWebDB API plugin.

0.1.3

First alpha release which implemented Get Value Action.

0.2.0

Release which implemented Get Value Action with API Key. Add test URL on admin menu.

0.2.2

Re-write code with oo-calss style.

Free Hostinger Hosting

Hostingerでは、無料、広告なしで容量2000MBのサーバーをレンタルすることが可能です。もしも無料プランが物足りない場合、有料プランに変更することも可能です。ただ、月に100GBの転送量なので、将来有名なサイトやブログになった場合に少ない可能性があります。
その場合は有料プランに申し込めばいいのですが、その時にもっと良いレンタルサーバーが出ている可能性もあるので、独自ドメイン(有料)を取っておくと、サーバーを変えても、そのままのドメインで運営することが可能です。

Hostingerに登録する

では、Hostingerに登録してみましょう。まずはこちらのサイトをみてください。

HostingerにWordPressをインストール

では、HostingerにWordPressをインストールしてみましょう。

メニューから「レンタルサーバー」を選択し、自分のドメインをクリックすると、自動インストール機能という項目が出てきますので、それをクリックします。様々な項目がありますが、その中からWordPressを選択します。

 

Free WordPress.com Servive

とりあえずブログを始めてみたい。ブログエンジンは人気のWordpressを使いたい。しかし、サーバを借りてWordpressをインストールして環境設定するなんて面倒臭くて、それだけで心が折れそうだ

「Wordpress.com」というサービスを利用する。

WordPress.comって??

WordPress.comはWordpress開発チームが運営するサービスです。

https://ja.wordpress.com/

  1. WordPress.comの特徴
  2. なんといっても無料
  3. 通常のWordpressと同一のエンジン
  4. 豊富なテーマが選べる
  5. ウィジェットでブログをカスタマイズ
  6. SNSなどの外部サービスと連携

もちろん機能制限はある

  1. ・プラグインが自由に導入できない⇒ウィジェットとして提供されているものだけ
  2. ・レイアウトの自由度は下がる⇒年間$30でCSSやフォントを弄ることはできる
  3. ・テーマはWordpress.com提供のものだけ⇒第三者が公開しているWordpress用テーマは使えない
  4. ・Googleアナリティクスが導入不可⇒Wordpress.com独自の統計情報は見れる

より高度なことをしたくなったら、インストール型に乗り換える必要があります。

とりあえず始める

とりあえず無料で始めて軌道に乗ってから有料を検討する。

用意するもの

  • メールアドレス
  • ユーザID (Login ID)
  • サイトID (<id>.wordpress.com)

WordPress.comのJetpack、Photonなど、インストール型にも活用できる。つまりアカウント作る手間が、無駄ではない。

WordPress Self-hosting

WordPressのダウンロード方法及びインストール手順について簡単なリスト

WordPressのインストール環境整備

WordPress 日本語版の推奨動作環境

  • PHP バージョン 5.6 以上
  • MySQL バージョン 5.6 以上 または MariaDB バージョン 10.0 以上

古い PHP や MySQL しか利用できないレガシーな環境でも、PHP 5.2.4 以上、かつ MySQL 5.0 以上であれば WordPress は動作しますが、公式サポートは終了しており、サイトがセキュリティの脆弱性にさらされる危険があります。

テスト用、自宅サーバー用などにローカル環境を構築する際に参考になるリンクです。ローカルマシン上に PHP、Apache、MySQL の環境設定が必要です。

もしホスティング提供者 (レンタルサーバー) を使っているなら、すでに WordPress 用に設定されたデータベースや簡単インストール用のツールが用意されているかもしれません。ホスティング提供者 (レンタルサーバー業者) のサポートページや管理画面で、手動でインストールする必要があるかどうかよく調べてみて下さい。

下記のいずれのケースに推奨動作環境を用意してください。

  • ローカル環境へのインストール(Windows)
  • ローカル環境へのインストール(Mac の OS X )
  • ローカル環境へのインストール(Linux系列)
  • ホスティング提供者 (レンタルサーバー) へのインストール

それに合わせて、WordPress 用データベースとユーザを作成

例:

データベース名 : wpdb
ユーザー名     : wpadmin
パスワード     : password
ホスト名       : localhost

上記情報メモして、WordPressのインストール際使う。

WordPressのダウンロード

WordPressのダウンロードから行います。次のURLから開始します。

 

ファイルの配置

ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルとなっています。解凍した上で使用するWebサーバへ配置します。配置したファイルはインターネット経由でアクセスできる位置に配置して下さい。WebサーバとしてApacheを使用しているのであればドキュメントルートの直下、または任意のディレクトリを作成して配置して下さい。

ダウンロードしたファイルは元々「wordpress」というディレクトリの中にファイルが含まれていましたので、今回はローカルで動作させているApacheのドキュメントルートの下にそのまま解凍して配置しました。

今回のように「wordpress」と言うディレクトリの中にWordPressで使用するファイルを格納すると、作成したブログのURLは「http://localhost/wordpress/」のような形式となります。

WordPressのインストール

ブラウザで「http://localhost/wordpress/」へアクセスして下さい(URLはWordPressのファイルを配置したWebサーバのURLやディレクトリに合わせて変更して下さい)。

この際画面の指示に従って、インストール環境整備で作成したWordPress 用データベースとユーザ名など入力する

例:

データベース名 : wpdb
ユーザー名     : wpadmin
パスワード     : password
ホスト名       : localhost

これで WordPress はインストールされたはずです。